第51回自民党県連定期大会を開催しました。

2012年6月2日
*細田博之 県連会長 挨拶
細田博之 県連会長 挨拶

6月2日、松江市のホテル一畑におきまして、県連大会を開催いたしました。当日は代議員をはじめ各界の代表、市町村長、国民政治協会会員、団体協議会会員など550名がご参加いただき、活気ある大会となりました。

細田博之会長は挨拶で「日本を立て直すためにも、自民党は早期に政権を取り戻さなければならない。そして地方のためになる政治を実現していきたい。」と国政の停滞からの脱却を力強く訴えられました。

また来賓の溝口善兵衛知事は「山積する課題解決と、遅れている社会インフラの整備のため、実績・識見のある島根自民党の国会議員には島根・日本のため頑張って欲しい。安定した政治を期待している。」とご挨拶され、同じく来賓の県商工会議所連合会の古瀬誠会頭は「ポピュリズムがはびこる風潮のなか、見識を持った方々が討論し、しっかりと国民に説明すべき。混迷するなか、政治のリーダーとして自民党に期待している。」と激励されました。

大会では党情報告のほか、長年党活動に貢献された方々の表彰を行った後、決算、活動方針、予算、選挙対策など議案はすべて了承され、来たるべき衆院選、参院選必勝態勢の構築をはかり、一致結束して政権奪還に向け取り組んでいくこととなりました。

*溝口善兵衛知事 挨拶
溝口善兵衛知事 挨拶
*竹下亘 衆議院議員 挨拶
竹下亘 衆議院議員 挨拶
*青木一彦 参議院議員 挨拶
青木一彦 参議院議員 挨拶
02759