しまね高志塾・第1期生最終回講座を開催しました。

島根県連主催『しまね高志塾』の第1期生最終回講座が、27日、8日に一泊二日で開催されました。

 

開催日:平成2727日(土)8日(日)

第一講座:講師 中澤さかな 萩しーまーと駅長

  演題:「地域活性化の実践について」

第二講座:講師 宮下 一郎 財務副大臣

  演題:「平成27年度政府予算の概要について」

第三講座:講師 溝口善兵衛 島根県知事

  演題:「島根の人口問題と地方創生」

第四講座:講師 松本 岩雄 県教育委員会文化財専門官

  演題:「しまねの古代文化」

*開会にあたって挨拶を行う原成充総務会長
開会にあたって挨拶を行う原成充総務会長
*講師:中澤さかな氏
講師:中澤さかな氏

<四つの講座の概略>

中澤さかな氏は「道の駅/萩しーまーと」を地域水産業活性の多機能拠点施設として位置づけ、マーケティングを駆使し、独自の経営理念を柱に地産地消を推進してきたこれまでの活動について講演されました。

*講師:宮下一郎 財務副大臣
講師:宮下一郎 財務副大臣

宮下一郎財務副大臣はアベノミクス、財政健全化、社会保障制度の安定化など新たな経済好循環の実現に向けて取り組んでいくため、景気の現状、経済対策の基本的考え方、具体的施策、本対策の効果などをご説明されました。

*講師:溝口善兵衛 島根県知事
講師:溝口善兵衛 島根県知事

溝口善兵衛知事は島根県の人口動態を全国、大都市と対比しながら出生率と社会増減を含め状況報告され、島根の主な人口対策とその取組みを縷々紹介されました。また産業振興、医療・福祉・教育の充実、安全安心な県土づくりのほか定住・中山間地域対策、交通の確保、環境対策、地域活性化などには予算を重点配分していきたいと述べられました。

*講師:松本岩雄 文化財専門官
講師:松本岩雄 文化財専門官

長年にわたって島根県の文化財保護行政に携わり、多くの主要な遺跡の発掘調査や保存にかかわってこられた松本岩雄文化財専門官は神話と考古学、荒神谷遺跡と加茂岩倉遺跡、国譲り神話と出雲大社などについて講演をいただきました。

 

平成26年度の高志塾は4回を計画しておりましたが、昨年12月の衆議院総選挙の執行により中止し、最終回の今回、地元国会議員を代表して出席いただいた島田三郎参議院議員と講師先生を交えた懇親意見交流会も実施いたしました。

講座終了後に修了式を行い、参加の塾生一人ひとりに修了証が絲原徳康塾長から手渡されました。

01665