次期参院選の候補者が決定しました

2018年10月18日
次期参院選の候補者が決定しました

平成30年10月18日、自民党県連は松江市内において県議会議員、支部長・幹事長・事務局長・青年局長・女性局長など200人参集のもと合同会議を開催し、参院選『鳥取島根合区選挙区候補』と『比例代表特定枠候補』の選定に至った経緯について報告会を行いました。

竹下亘県連会長は「石破茂鳥取県連会長と来夏の参議院議員選挙の候補者選定に関し、幾度も協議を行ってきた結果、10月12日、島根鳥取合区選挙区候補に舞立昇治(まいたち・しょうじ) 参議院議員、比例代表特定枠に島田三郎 参議院議員とする と最終合意に至った。」と報告。

「もとより、候補者選考の件について両県連会長は各県連から一任を受けている。この最終合意後、党本部で島根県連選挙対策委員会を開催し、満場一致で承認を得た。また、本日午前の県議会議員で構成する常任総務会で賛同されたことを報告し経緯説明にさせていただく。」と述べられたところ、合同会議 満場一致の了承を得ました。

また、竹下県連会長は「一日も早くこの参議院の合区を解消したい」と続けられました。

次期参院選の候補者が決定しました

比例代表特定枠に決まった島田三郎 参議院議員は、「県民の皆様方から推薦頂き投票を受けるというのが本筋であり残念でありますが、両県連会長の裁定によるものであり、この決定を承りました。舞立さんを全力でバックアップをしていきたい」と話されました。

次期参院選の候補者が決定しました

続いて、選挙区候補に決まった舞立(まいたち)昇治 参議院議員は、「父は江津市の出身で、私には半分島根の血が入っています。地方の発展を第一に考え総務省に入り、14年間地方行政に従事したのち、参議院議員として立ち働いてまいりました。

今月の内閣改造に伴い、地方創生の内閣府大臣政務官に就任し、防災・国土強靭化・男女共同参画・女性活躍の推進等々約20の担当となりました。

一から島根県のことをしっかり勉強していきますので、皆様のご指導ご鞭撻を宜しくお願いします」とご挨拶をされました。

その後、青木一彦 副会長、三浦靖 衆議院議員からご挨拶をいただき、最後に竹下会長のミニ国政報告会を行い閉会いたしました。

00129