青年会議所が参議院議員選挙合区解消の署名6,800筆を島根県連に提出

青年会議所が参議院議員選挙合区解消の署名6,800筆を島根県連に提出

平成30年10月25日

公益社団法人 日本青年会議所(2018年度 中国地区 島根ブロック協議会 釜屋 幸徳 会長) の3役員が10月25日、当島根県連を訪問し、憲法改正による合区解消を求める署名簿(6,800筆)を届けられました。

県連は、福田幹事長、絲原政調会長、園山副幹事長、生越組織局長が受け取り、福田幹事長は「一つの県で一人の議員は最低限出す。参議院においてそれが二県にまたがるということは、本来の民主主義に外れることになる。人口格差だけの問題ではない。県民は皆そう思っている。その想いに応えるよう働きかけていく」と述べられました。

00050