第88回自民党全国大会が開催されました

2021年3月21日
第88回自民党全国大会が開催されました

3月21日(日)、自由民主党全国大会(党大会会場:東京品川のホテル)は新型コロナウイルス感染症防止のため、47都道府県連をオンラインで結んだリモート形式で開催されました。

島根県連からは絲原德康幹事長、細田重雄総務会長、坪内涼二青年局長、田中明美女性局長がリモート出席いたしました。

党大会の席上、菅義偉総裁は挨拶の中で、「政府与党の力を結集し、コロナの難局を乗り切っていきたい。グリーンとデジタルを原動力に成長を生み出し、地方にいても都会と同じ生活ができるように“元気”にしたい。先人が築き上げてきた日本の伝統を次の世代に引き継いでいくことができるのが自民党。先頭に立って国政の課題に取り組み戦い抜いていきたい」などと決意を表明された。

大会の席上、多年にわたる党活動並びに組織活動に貢献された方々が各種の表彰を受賞され、島根からは優秀党員・優秀党組織が栄誉ある総裁表彰を受賞されました。

<優秀党員表彰者>

大屋 俊弘様(浜田支部)、中村 芳信様(日原支部)、柳楽 和利様(多伎町支部)、桑野 剛司様(瑞穂支部)、福間 久八様(仁多町支部)、土江 康道様(平田支部)、安達 久行様(松江支部) ※順不同

<優秀党組織>

自由民主党邑智支部(岩根 和博支部長)

また、島根県連は令和元年党員獲得運動での貢献が評価され、党勢拡大特別表彰:銅賞を受賞しました。

 

党大会開催前に行われました「全国幹事長会議」では、選挙対策、政策報告、運動方針、広報活動などについて協議が行われました。

また同様に行われました「青年局、女性局合同全国大会」では、各局の活動報告、活動方針など議事が採択されました。

第88回自民党全国大会が開催されました
第88回自民党全国大会が開催されました
*手話で党歌を斉唱する田中女性局長、坪内青年局長
手話で党歌を斉唱する田中女性局長、坪内青年局長
00132